読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職の男は好きですか?

アラサー男子の無職日記。ともだちがほしい。

無職男がついにキレた!ウィークポイントを突かれて我を忘れる。

ネガティブ状態が続くと、それが慢性的になって暗黒生活から抜け出せない日々。

「あのとき違う決断をしていたら、今は幸せだったんじゃないか?」

「もし、違う会社や違う部署に入っていたら、仕事を続けて入られたじゃないか?」

「なにをやっても続かない自分、ダメダメやな...」

 

...憂鬱。ゆううつ。YUUUTSU。YEAH!!!

気晴らしに話しがわかってくれる友人にあったり、

テレビやyoutubeに寄りかかる毎日でございます。

 

そんなある日事件が起きました。

 

温厚なぼくが、ついにキレた!

ある親しい友人と会って、お互いの近況報告をしていたときのこと。

その友人は某有名大学出身の某有名企業にお勤めです。

そんな彼は去年新しい部署に配属されてから

慣れない環境と仕事で気をすり減らしているようでした。

いつもはぼくの話しを受け止めてくれる彼ではあったのですが、

最近余裕がなくなっていたのか

はたまた、ぼくのニート状態対して嫌悪を抱いたのか

とても攻撃的に当たってきました。

 

「ひろしさぁ、仕事やめて何がしたかったわけ?理由もなくやめて、ただ逃げて楽したいだけじゃん!!」

「仕事をコロコロ変えて、社会人として信用なくして生きてくんだね。」

 

彼は親しい友人で、仕事やめるときも状況を相談に乗ってくれて

それもあって自分のなかで考え抜いて決断した退職でした。

 

他人に言われるのなら、

「何も実情もわかってないくせに、どうでもいいわ」

と少しイラっとして受け流すのですが、

今回は

“わかってくれていると思ってた人”

からの思いがけない言葉だったので、

自分の想いと彼の言葉の矛盾に、一気に血が昇って

「もう連絡しないでね。バイバイ」

と恋人にお別れを告げるときのような言葉を放って

帰りました。

 

仕事でどれだけ理不尽なことを言われて罵倒されても

キレなかったぼくが、ついにキレた。

 

久々にキレて、見えてきたもの

友人の一言にキレた。

キレた原因は

「自分のことをわかっていると思っていた友人がわかってくれてなかった」

からだと、ぼくは最初思っていましたが、

冷静になってもう一度考えてみると

「自分が無理やり肯定してきて、あまり目を向けなかった過去(無意識に劣等感を抱いていた部分)にスポットライトを当てられた」

からだということに気づきました。

 

だれでも自己防衛反応で、これまでやってきた決断に対して肯定的に考えるものです。ぼくは特にそうの傾向が強くて、そこをしっかり整理しないまま、

「過去は見ないでこれから頑張ればいいや」と生きてきました。

 

しかし、この考え抜いて下した過去の決断に対して、

「そこから何を学んだのか?」

「今後うまく使えるような体験はなんだったのか?」

「あのときの根本の想いはなんだったのか?」

というような具体的な『復習』をする部分が欠落しているように感じました。

 

「もう済んだこと」で終わらせるのではなく

「そこから何を得て、次に生かせるのか?」が重要なのではないか?

それを彼は伝えるためにあえて強い口調で言ってくれたんだと思うようになりました。

(ただただ感情的になって放った言葉であっても、気づかせてくれたことに感謝です)

 

学校の勉強でもテストの答案用紙が返ってきたら、見直しなんてせずに

結果だけ見てあ〜だこ〜だ言っていたのを思い出します。

大事なのは何が正解してて、何が間違っていたかの復習という作業なのに...。

 

そう思うと、今大切なことは、

新しいことをするのではなく、

これまでの自分の人生の軌跡をしっかりと見つめなおしていく『復習』作業。

少しずつ復習作業をやっていこうと、固く胸に誓ったひろしでした。

 

❇︎ぼくの激おこの後友人から鬼電と鬼LINEがあり(恋人か!笑)

鬼謝罪をされて、時間が経つにつれて冷静になったぼくと彼は

いつもの関係に無事戻りました。めでたしめでたし!

 

何事も『復讐』ではなく『復習』やで!!!(うまいこと言ったほめて)